お葬式を尊ぶためにも重要な服装・持ち物マナー

お葬式の意味を理解する事が重要

お葬式の意味を理解する事が重要 人が亡くなり、お世話になった人だったり、親しくさせていただいた方なら、最期のお別れに行くべきですし、ご遺族にお悔やみを述べることも大切なことです。お葬式と告別式はイコールとされることが多いのですが、昔はお葬式の後に行われるものとして告別式があったのです。

昔、お葬式が終わると墓地があるお寺さんや火葬場まで、ご遺体の入った棺などを担ぎ列を組んで向かいました。これを野辺送り、葬列といいますが、次第にこうした列を組みお寺さんや火葬場に行くということが少なくなったのです。田舎では今も野辺送りを行っているところがありますが、都市部ではこうしたことを行うことが少なく、交通事情などもありほとんど見かけなくなっています。お葬式、野辺送りに変わって登場したのが告別式で本来はお葬式の後に行うのが告別式と呼ばれていたのです。

お葬式というと宗教的な意味が強く、亡くなった方をあの世に送り出す等のイメージを持ちます。亡くなった方が霊魂となってあの世に行くことを祈るなどの時間がお葬式の時間と考える事ができるのです。僧侶が故人に向けて読経しますが、この時、故人をしのびあの世に正しく向かうことができるように祈ります。では告別式とは何かというと、故人の親しかった友人や知人が故人との最後のお別れをする儀式です。参列される方は故人のご遺族を慰めるための言葉を伝えます。またお焼香したり献花などする行為も故人との別れを告げるためのものです。こうしたお葬式や告別式のことを理解するとより一層、宗教的な儀式もお別れの儀式も特別なものであることが理解できます。

野辺送りとお別れの会という特別な儀式も、足を2回運ぶことになるなど現代生活にそぐわないものとなってきたため、同時進行させるようになってきました。お葬式の中でお焼香を行うなど、それぞれの儀式で行ってきたことを同日に行い、短時間でこうした二つの儀式を終えるようにしようと、現代はお葬式、告別式を同日に行うことが多くなったのです。同日に行うことになったとしても、亡くなった方への遺族の気持ち、また参列者の気持ちは変わることなく、故人をしのび、死を嘆き、弔い、生活に帰っていけるようにするものです。これらの意味を知ることで、この儀式が同日に行われるようになったとしても、非常に大切で守るべき儀式だとわかります。こうした儀式の中でご遺族、故人に失礼なことがないように、死に対する儀式という尊い儀式を傷つける事がないように、マナーを理解するべきです。

最新のお知らせ

  • [2018年09月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年09月19日]
    運営者情報を追加しました。