喪主、遺族側のお葬式の服装

お葬式は亡くなった方へ最後の挨拶をする時間、またご遺族の方に生前故人にお世話になったことのお礼をし、お悔やみを述べてくる大切な時間となります。喪主、遺族として参列される方々を迎えるという立場にある場合、お迎えするときに失礼がないようにという気持ちも込めて通夜式、お葬式の服装もしっかり考えることが重要です。

お葬式の服装は喪主、ご遺族について昔は正式礼装を着用するということがほとんどでした。しかしこうした正式礼装を着用することは少なくなり、男性は略礼服となるブラックスーツ、いわゆる喪服を着用、女性は通夜式に正式礼装として洋装を着用し、お葬式、告別式では和装を行うというのが一般的です。ただ、洋装と和装に格式の違いはないので、最近は通夜式、またお葬式・告別式でも洋装という方も多くなっています。

男性は白無地のシャツ、黒無地のネクタイ、ブラックスーツ、アクセサリー等派手なものは付けずカフスボタンは黒石のみ可能、ネクタイピンもつけません。ズボンのすそはシングルがよしとされ、黒無地の靴下に光沢のないシンプルな靴が理想的です。女性は髪をすっきりとまとめ髪飾りをつけるようなら黒無地、黒バレッタなどシンプルなものを、結婚指輪以外のアクセサリーはつけません。

シンプルで派手ではないメイク、マニキュアなどはNGです。スカート丈は長め、上着は長袖、肌をあまり見せないことがマナーで、ストッキングは黒、タイツは好ましくありません。靴・バッグは黒布製、靴はオードソックスで3㎝から5㎝程度のパンプスです。