お葬式に参列する側の服装とは

昔通夜式に行く時、礼装しない方がよしとされていました。これは、死ぬのを待っていた、知っていたと感じさせるからというものでした。しかし近頃はお葬式、告別式に参列できない方が通夜式に参列されることも多く、悲しみの気持ちを伝えるためにも略礼装で参列する事が多くなっています。

仕事に出ているときに通夜を知り、急ぎ足で通夜に行くという時には、無理に略礼装にすることはなく、通常のスーツや作業服など駆け付ける方もいます。これも特に悪いことではなく、ただ派手は服装の場合には場にそぐわないため、着替えていくほうがいいかもしれません。

男性の場合はブラックスーツ、ダークスーツ、勤務先から行くときもネクタイと靴下を黒に変えていくといいでしょう。女性は洋装の場合、黒や地味なカラーのアンサンブルやワンピース、スーツ等、和装は色無地に黒帯です。通夜式もお葬式や告別式も参列するという場合には、男性も女性も洋装の準礼装の着用が多くなっています。

準礼装というのは、正式礼装と比較し流行のデザインなどが取り入れられている形です。ただブラックスーツなどもいわゆる喪服として着用するものは、長く利用することになるので、スタンダードなものを購入するほうが安心です。女性がアクセサリーをつける場合、涙を連想させる白パール、一連が基本となります。