お葬式に参列する子供の服装

お葬式にお子さんが参列する場合、親御さんとしてはどんな服装にすればいいのか迷うものです。もしお子さんの学校に制服がある場合、お子さんの正式礼服となるので問題はありません。通夜、お葬式、告別式、さらに法要の場も制服でいいので安心です。問題は制服がない時にどうすればいいかということになります。

お子さんが大学に進学している、また成人に達しているという場合には、大人同然として男性はブラックスーツを着用、女性はブラックのアンサンブル、スーツ、ワンピースが好ましいです。高校生、中学生、小学生などで制服がない場合は、なるべく地味な印象となる、また悲しみの気持ちが見える服装が良いといわれています。

例えば白シャツに黒や紺のパンツ、スカート、ベスト、ブレザーなどを合わせて、カジュアルになりすぎないようにすべきです。お葬式でお子さんの服装にはそれほどマナーを重要視しないものですが、やはり黒っぽい印象でボタン等に金、銀が入っているようなら避ける、付け替える事が必要でしょう。

シャツのボタンはしっかり一番上までとめておき、通常ネクタイは必要なしとします。小さいお子さんでもキャラクターものを着ていくのはタブーです。女の子で髪の毛が長い時には、すっきりまとめて髪飾りなどはつけません。黒、白のソックス、黒っぽい靴を履かせていきます。