お葬式に着用する和装のマナーは難しい

お葬式の喪服、和装の場合、正喪服、準喪服、略喪服と種類がありそれぞれに違いがあります。正喪服は黒無地染め抜き五つ紋付、関東は生地が黒の羽二重、関西は黒の一越縮緬となるので注意が必要です。この場合、半襟、長襦袢、足袋が白で、草履は布製若しくは黒、畳表付き、黒鼻緒となります。帯は通常袋帯か名古屋帯、帯締めについては黒の平打ちなどが一般的です。

準喪服は色無地一つ紋もしくは三つ紋付き長着で、半襟、長襦袢、足袋が白、草履・ハンドバッグ、帯が黒、帯締めも黒の平打ちとなります。略喪服は寒色系の無地ものが好まれます。色無地の一つ紋、三つ紋付き、若しくは色無地、小紋でも地味な長着、半襟、長襦袢、足袋が白、帯が黒無地、帯締めも黒平打ち、草履バッグなどもすべて黒で揃えるのが通常です。

和装の場合、髪飾り、帯留めなどは付けないのが一般的になります。マナーとして考える時、お葬式での和装は親族女性の喪服とし、羽織を着用しないものです。夏は羽二重の絽、6月、9月は単衣の和装喪服とします。男性が和装する場合には、かみしもに羽織袴が正装となりますが、最近、男性和装正式喪服はあまり見なくなりました。一般的に遺族、喪主の場合も、ブラックスーツが多くなっているようです。