お葬式の持ち物、これも気を配ってほしい

お葬式に着用していくものは、ブラックスーツとなんとなく理解されている方が多いのですが、服装がしっかりしていても、持ち物が残念、と感じることもあります。お葬式は特別な場面、時間となりますので、持ちものなどもしっかりマナーよくしていきたいものです。

御香典を包んでいく時には袱紗に包むのが礼儀となります。不祝儀用の袱紗は、紫、緑、グレーなどの色が一般的です。最近は略式に利用できるポケット袱紗などもあり若い人はこうしたものを利用する方が多いです。

手袋をつけてくる方は最近少なくなっていますが、肌をなるべく隠し悲しみを表現するという意味合いもあり、レースの黒手袋をつけてくる方もいます。この場合、お焼香の時には外すことがマナーです。涙をぬぐう場面が多くなる式では、ハンカチを利用することも多くなりますが、この時、カラフルなものを使うのはマナー違反となります。白無地、また黒のフォーマル用ハンカチを利用する事が求められます。

雨が降っている中でのお葬式では、お寺さんや焼き場への異動で傘を利用することもあるので、傘についても気を遣う必要があるのです。傘はカラフルなものも多いのですが、お葬式用に黒、紺、グレーなどを持っていると安心できます。悲しみのお席にカラフルな傘は似合いません。